意外と間違えやすい「AM / PM」の正しい英語表記と使い方

普段何気なく使っている「AM / PM」。ちゃんと正しい使い方をしているでしょうか? 日本でよく見かける英語は、実は和製英語であったり使い方が本来のものとは違っていたりと要注意なものも多くあります。
ということで、今回は「AM / PM」の表記方法や使い方について確認とおさらいをしていきましょう。

12時間制と24時間制

日本では「18時」や「22時」など、24時間制の表記を日常生活で使うことも多いですが、アメリカやイギリスなどでは、普段の日常生活では12時間制を使うことがほとんどです。
しかしながら、例えば「8時」と書いてあった場合、12時間制では、それが「午前8時」なのか「午後8時」なのかはわかりません。そこで午前と午後の時間を区別するために使うのが「AM / PM」です

「AM / PM」の意味とは?

  • AM = 午前 【 0時 - 11時59分 】
  • PM = 午後 【 12時 - 23時59分 】

ちなみに 「AM」は「午前」という意味の英語の "ante meridian" の略、「PM」は「午後」という意味の英語の "post meridian" の略です。

「AM / PM」の正しい英語表記

「AM / PM」の表記方法は、大文字、小文字、ピリオドあり、ピリオドなしなど複数あります。

《午前7時》
7 a.m. / 7 A.M. / 7 am / 7 AM

《午後7時》
7:00 p.m. / 7:00 P.M. / 7:00 pm / 7:00 PM

これらの英語表記はどれも正解ですが、一番無難な英語表記は、"7 a.m./7 p.m./7:00 a.m./7:00 p.m." のように「時間 + 半角スペース + ピリオドありの小文字」という書き方です。 ちなみに、"7PM"のように半角スペースを入れない書き方をするネイティブもいます。

ポイント

7 o'clock a.m. / 7 a.m. o'clock
「AM / PM」を使うときは "o'clock" は使わないので注意が必要です。

AM 7:00 / PM7:00
日本ではこんな表記をよく見かけますが、実はこれは正しくありません。「AM / PM」は常に時刻の後ろに書きましょう。

I have a doctor's appointment at 11 a.m..
I have a doctor's appointment at 11 a.m.

文章の最後にピリオド付きの "a.m./p.m." が来た場合でもピリオドは1つだけにしましょう。

"12:00 AM" と "12:00 PM"ではどっちが正午?

「AM」を使うのは深夜0時からお昼の11時59分までのため、"12:00 AM" は深夜の0時、 「PM」を使うのは、昼の12時から夜の23時59分までのため、"12:00 PM" が正午になります。

もう1つ注意すべきなのは、日本語では「午前0時」と言いますが、英語では "0:00 AM" ではなく "12:00 AM" を使うことです。"12:00 AM" や "12:00 PM" がわかりにくい場合は、正午を表す "noon" や 深夜0時を表す"midnight"を使いましょう。

I'll call you at 12 PM.
I'll call you at noon.

(正午に電話するよ。)

I went to bed at 12 AM last night.
I arrived in London at midnight.

(ロンドンには深夜0時に着いた。)

わかりにくい「AM / PM」を24時間制の時系列と一緒に整理してみるとこのようになります。

  • 0:00
    12:00 AM/midnight
  • 01:00
    1:00 AM
  • 11:59
    11:59 AM
  • 12:00
    12:00 PM/noon/midday
  • 13:00
    1:00 PM
  • 23:59
    11:59 PM

midday - 正午(主にイギリスで使われる表現)


いかがでしたか?「AM / PM」は、"12:00 AM" と "12:00 PM" のどっちが正午でどっちが午前0時なのかさえ覚えてしまえば表記方法は簡単です。これを機会にマスターしてしまいましょう。

時刻に関する英語表現の詳しい説明は以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!