「センスがいい」を英語で言うと?相手を褒めるときに使う英語表現

1937-thumb

「センスがいい」は直訳すると "good sense" ですが "You have a good sense." は実は間違いです。ではネイティブが「センスがいい」と言う場合にはどんな表現を使うのでしょうか?

今回は、相手のファッション、持ち物、趣味などを褒めるときに使う「センスがいい」の英語表現と "good sense" の使い方について見ていきましょう。

have good taste センスがいい

相手のファッションや持ち物、趣味などを褒める際に使える定番の英語表現です。この場合の "taste" は「味」ではなく「趣味」や「好み」を表します。よって「いい趣味・好みを持っている」を意訳して「センスがいい」となります。

A : Is this bag new?
(このバッグって新しい?)

B : Yeah, I got it on sale.
(うん、セールで買ったのよ。)

A : I really like this darkish red color. You have good taste.
(この暗めの赤色すごく好きだわ。センスいいね。)

"ish"の使い方はこちらを参考にどうぞ。

have good taste in 〇〇 〇〇のセンスがいい

具体的に何のセンスがいいのかを述べる場合は "in + 〇〇" を付け加えます。 "in books(本の趣味がいい)"、 "in movies(映画の趣味がいい)" のように、〇〇が可算名詞の場合は複数形を、 "in furniture(家具のセンスがいい)" のように不可算名詞の場合は単数形を用います。

You have good taste in clothes.
(服のセンスがいいね。)

反対に、センスが良くない・悪いと言う場合には、"good taste" の代わりに "bad taste" や "poor taste" を使います。
"poor" は「貧しい、貧乏な」の意味の他に「質の悪い、粗末な」という意味もあります。

He has bad taste in women.
(彼は女の趣味が悪い。)

男性の趣味については"men/boys" を、女性の趣味については "women/girls" などを使うことができます。

He has terrible taste in cars.
(彼は車の趣味が最悪です。)

terrible最悪な

センスが良くない・悪いという以前に、そもそもセンスがないと言う場合には、"no taste" を用います。

I have no taste in music.
(私音楽のセンスがないの。)

have a good sense of 〇〇 〇〇のセンスがいい

"good sense" は "of 〇〇" を付け加えることによって「〇〇のセンスがいい」と言う意味で使うことができます。"sense" は「感覚」を意味する単語です。よって "good sense of 〇〇." は「〇〇に対するよい感覚を持っている」というニュアンスの「〇〇のセンスがいい」という意味になります。

She has a good sense of style.
(彼女はセンスがいい。)

日本語で「スタイル」というと体型を意味しますが、英語の"style" は服装やコーディネートを意味します。"I love your style.(あなたのコーデすごく好き!)" のように、日常会話では良く使われる表現です。

She has a good sense of fashion.
(彼女はファッションセンスがいい。)

"style" より少し硬い表現なのが "fashion" です。

He has good sense of humor.
(彼はユーモアのセンスがある。)

ジョークが上手な人、面白い人に対してよく使われる英語表現です。反対に、ユーモアのセンスがない場合は "no sense of humor" を、ユーモアのセンスが良くない人に対しては "bad sense of humor" や "terrible sense of humor" を使います。

"sense of 〇〇" は「〇〇のセンス」という意味以外に、以下のような「〇〇の感覚」という意味でもよく使われます。

  • sense of rhythmリズム感
  • sense of direction方向感覚
  • sense of smell嗅覚
  • sense of taste味覚

関連記事

SNSをフォローして
更新情報をチェックしよう!
SNSをフォローして
更新情報をチェックしよう!