「超ウケる」や「超面白い」は英語で何て言う?

2354-thumb

今回は「ウケる」「超面白い!」「笑える」「爆笑」などの面白さを表現する英語をご紹介します。日常会話でよく使われる表現、SNSやチャットよく使われる表現など "funny" 以外にも様々な言い方があります。使う機会も耳にする機会も多いので、覚えておきましょう!

日常会話でよく使われる英語表現

That cracks me up! それ超ウケる!

直訳すると "〇〇 crack + 人 + up" は「〇〇が人を大笑いさせる」ですが、「〇〇が超ウケる」や「〇〇が超面白い」と意味としてよく使われるインフォーマルな表現です。涙がでたりお腹が痛くなったりするほどの大笑いのことを指します。

主語の〇〇には「人」「物」「事」のどれでも使うことができます。

You crack me up!
(お前、超ウケる!)

Her jokes really cracked me up.
(彼女のジョーク、本当に超ウケたんだけど。)

That's so funny! それ超ウケる!

"funny" は「面白い」を意味する形容詞です。"so" を強調して言えば「めちゃめちゃ面白い」=「超ウケる」の意味として使うことができます。

もっとカジュアルな言い方では、"so" の代わりに "damn" を使って "That's damn funny!" にしても同じ意味になります。

A: You know what? Matt was wearing his T-shirt inside out!
(ねぇねぇ、マットがTシャツを裏表逆に来てたんだよ!)

B: Again? That's so funny!
(また?超ウケるんだけど!)

That's hilarious! それ超ウケる!

"hilarious" は「とても面白い」「爆笑を引き起こす」を意味する形容詞です。"funny" よりも面白さの度合いが強く「超ウケる」や「超おもしろい」の意味としてよく使われるインフォーマルな表現です。

A: That's hilarious!
(超ウケる!)

B: I know. When I heard this for the first time, I couldn't stop laughing!
(でしょ。私が最初にそれを聞いた時、笑いが止まらなかったもん。)

SNS・チャットでよく使われる表現

SNS、チャット、オンラインゲームなどで「超ウケる」と言う場合にはネットスラングの略語もよく使われます。

LOL Laughing Out Loud

"LOL" は 「大声で笑う」を意味する "laughing out loud" の略語です。日本のネットスラングで言うところの「ウケるw」や「(笑)」のようニュアンスです。

"LOLL" のように最後の文字を繰り返すと "LOL" より面白さの度合いが強まるイメージです。日本語の「ウケるwww」のように "w" が増えるのと同じ感覚で捉えるといいと思います。

LMAO Laughing My Ass Off

"LMAO" は "LOL" より面白さの度合いが強い場合に使う表現です。"ass" は「ケツ」を意味するスラング。直訳すると「ケツがとれるぐらい大笑いする」ですが、日本語の「超ウケるw」のニュアンスで使うことができます。

ネット上ではよく見かける表現ですが、"ass" の意味からもわかるようにかなりカジュアルな表現です。使う相手には注意しましょう。

ROFL Rolling On Floor Laughing

"ROFL" は "LMAO" より面白さの度合いが強い場合に使う表現で「床を転げ回るほど大笑いする」という意味です。日本のネットスラングで言うところの「超ウケるwwwww」のようなニュアンスです。


「面白い」を意味する "interesting" は、「笑いを引き起こす面白さ」ではなく「興味深いと言う意味の面白さ」を指すので「ウケる」という意味としては使うことはできません。"funny" との使い分けに注意しましょう。

関連記事

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!