英語のリーディング力アップにアマゾン「Kindle Unlimited」活用しよう!

2480-thumb

英語力アップに欠かせないのが、まずたくさんの英語を読みインプット量を増やすこと。ですが、ネックになってくるのがその英語を読むためにかかる教材費のコストです。

もちろん無料の読み物もたくさんありますが、小説などの洋書は購入しなければならないものも多く教材費がかさんでしまうことも……

そこでおすすめするのがアマゾン『Kindle Unlimited』です。今回はこの『Kindle Unlimited』を使った英語学習のメリットとデメリットをご紹介します。

Kindle Unlimitedとは?

Amazon.co.jp

『Kindle Unlimited』とは月額980円(税込)で雑誌、小説、実用書、漫画など様々なジャンルから和書17万冊以上、洋書160万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスです。

これらの電子書籍は、スマホ、タブレット、PC用のKindle無料アプリや、Kindle専用の電子書籍リーダーで読むことができます。

Kindle Unlimitedを使った英語学習のメリット

Kindle Unlimitedを利用した英語学習には様々なメリットがあります。

場所や時間を選ばず学習できる

『Kindle Unlimited』で読むことができる書籍は全てKindle電子書籍です。スマホやタブレット、Kindle専用の電子書籍リーダーに書籍をダウンロードしておけばいつでもどこでも気軽に学習することができます。

忙しくてなかなか英語学習に時間を割くことが出来ないという方も移動時間や隙間時間を有効に使って学習することができます。

合わない教材や書籍は気軽に変更できる

洋書を読み始めたものの「英語が難しすぎる」「内容がつまらない」と途中で挫折してしまった経験はありませんか?

本来なら、自分に合ってないと思った時点で即新しいものに乗り換えるのがベストですが、購入した本の場合は次から次へと新しい本に乗り換えるのはコスパが悪く躊躇してしまいがちです。

ですが『Kindle Unlimited』の読み放題サービスを使えば必要なコストは月額料金のみ。自分が気にいる洋書が見つかるまで何度でも試し読みをしたり、つまらないと思ったら気軽に別の本に乗り換えることが出来ます

契約も解約も簡単にできる

『Kindle Unlimited』は1ヶ月更新です。読みたい本や教材が見つからなかったり、勉強に割く時間が無くなってしまった場合は簡単に解約することができるので、無駄な出費を抑えることが出来ます。

また、時間が出来た時や興味がある本を見つけた時のみ1ヶ月利用して、その後必要なくなったら解約するといった使い方をすることもできます。

初めて『Kindle Unlimited』を利用する方は、無料のお試し期間が30日間あるのでその間に解約をしてしまえば料金は一切かかりません。

Kindle Unlimitedを使った英語学習のデメリット

解約したら電子書籍は読めなくなる

読み放題サービスは契約中は対象の書籍はどれも自由に読むことができますが、解約後は読めなくなってしまいます。書籍や教材をいつでも読める状態でコレクションしておきたいという方は、『Kindle Unlimited』のサービスを使うよりも度購入する方がいいかもしれません。

洋書は探しにくい

検索結果に表示されている書籍の評価(星の数)やカスタマーレビュー数は日本のAmazon(Amazon.co.jp)での評価です。日本語の書籍の場合はレビュー数も多く問題はありませんが、洋書の場合はレビュー件数が少なく、自分に合うものを探しにくいというのが難点です。

もし書籍を選ぶ際にレビューや評価を参考にしたいという方は「Amazon.com」をチェックしてみましょう。

「Amazon.co.jp」と「Amazon.com」では同じ書籍でもレビュー数と評価が異なります。

例えば以下のように「Amazon.co.jp」のレビュー数が2件しかないのに対して「Amazon.com」では2万件以上ある場合もあります。

日本のアマゾン(Amazon.co.jp)

アメリカのアマゾン(Amazon.com)

『Kindle Unlimited』の対象本は「Amazon.co.jp」と「Amazon.com」とで共通なものが多いので、まずは「Amazon.com」でレビューや評価を参考に気になる書籍を見つけ、その後「Amazon.co.jp」でタイトルを検索し直せば、好みの本を見つけやすくなるでしょう。

「Amazon.co.jp」でも書籍の詳細ページの日本語のレビューの下に「Amazon.com」でのレビューが記載されています。「Amazon.com」をチェックするのが面倒だという方は、そちらをチェックするといいでしょう。

Beneath a Scarlet Sky: A Novel (English Edition)
著者 : Mark Sullivan

紙の書籍で学習したい人には不向き

『Kindle Unlimited』で読むことができる書籍は全て電子書籍のため、ペーパーバック等の紙媒体で学習したいという方には向いていません。

ですが、もし「液晶画面は目が疲れて読みにくい」という理由なら、Kindle専用の電子書籍リーダーをおすすめします。

Kindle 電子書籍リーダーの特徴
  1. 紙の上に印刷した本物の本ような読み心地
    E Inkという技術を使った直接目を照らさないディスプレイのため、スマホやタブレットのような液晶画面と比べて目が疲れにくい特徴があります。
  2. 明るい日差しの中でも反射しない
    スマホやタブレットは、直射日光の下では反射して見にくくなってしまいますが、Kindle専用の電子書籍リーダーは、日差しの影響を受けることなく快適に読書することができます。
  3. お風呂でも使用可能
    Kindle専用の電子書籍リーダーには防水性能がついているタイプのものがあるため、お風呂やプールでも読書をすることが可能です。今までぼーっと湯船に浸かっていた時間を読書や学習に充て、有効活用することができます。
Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、32GB(Newモデル)

Kindle Unlimitedで読める洋書

『Kindle Unlimited』の対象書籍の中には、以下のような映画化された作品もあります。

Harry Potter and the Chamber of Secrets (English Edition)
著者 : J.K. Rowling

映画シリーズでもお馴染みの『ハリー・ポッター』の原作です。著者のJ・K・ローリングはイギリス人のため全作イギリス英語で書かれています。8巻のうち2〜7巻までが『Kindle Unlimited』の対象になっています。

The Hunger Games (Hunger Games Trilogy, Book 1)
著者 : Suzanne Collins

アメリカの作家スーザン・コリンズによる3部作の小説。3部とも『Kindle Unlimited』の対象です。

Fantastic Beasts and Where to Find Them: The Original Screenplay (English Edition)
著者 : J.K. Rowling

著者は『ハリー・ポッター』と同じJ・K・ローリングです。この作品は小説ではなく脚本形式なので日常生活で使える表現が満載です。事前に映画でストーリーを確認しておくと、より簡単に理解できると思います。

今回ご紹介した3作品以外にも、絵本から専門書まで様々な洋書を『Kindle Unlimited』で読むことができます。

また、洋書以外でも英会話本やTOEIC対策の本など、英語学習に役立つ教材もたくさん揃っています。

コストをかけずに効率的に英語学習を進めたいという方は、一度『Kindle Unlimited』の無料体験を試してみてはいかがでしょうか?

オススメの英語学習アプリ

関連記事

SNSをフォローして
更新情報をチェックしよう!
SNSをフォローして
更新情報をチェックしよう!