"No worries." ってどんな意味?日常会話でよく使う便利な英語表現

"No worries." は元々はオーストラリアでよく使われるカジュアルな表現でしたが、現在でははイギリスやニュージーランドでも日常的に使われ、最近ではアメリカでも一般的に使われるようになってきました。使えるシチュエーションも多くかなり便利な英語表現です。

ということで、今回はこの "No worries." の意味と使い方を見ていきましょう。

相手をなだめる時の表現

"Don't worry." と同じように、心配や動揺をしている相手に対して「心配しないで。」の意味として使うことができますが、"No worries." は "Don't worry." と比べるとそれほど深刻なことに対しては使わないイメージです。

日本語で言う「全然大丈夫だよ。」「全然平気だから。」のようなニュアンスに近い表現です。

A: Tim, my PC has crashed again.
(ティム、私のパソコンがまた固まっちゃった。)

B: No worries. I'll fix it now.
(全然大丈夫。今直すよ。)

お願いに対する承諾の返事

「これやってくれる?」のようなお願いに対して承諾する場合に、"No problem." と同じように「いいよ。」「問題ないよ」の意味として使うことができます。

A: Can you do this by tomorrow?
(これ、明日までにやってくれる?)

B: No worries. I can handle it.
(いいよ。なんとかするよ。)

謝罪に対する返事

「ごめんなさい。」と謝られた場合の返事で "That's all right.(大丈夫だよ。)" や "No problem.(問題ないよ。)" と同じように使うことができます。

A: I'm sorry that I didn't give you a call last night.
(昨日の夜電話しなくてごめんね。)

B: No worries. I went to bed pretty early.
(大丈夫。早く寝ちゃったから。)

"No worries." は見知らぬ人に対しても問題なく使えます。例えば道で誰かに足を踏まれたりぶつかられて謝られた時に、"No problem." の代わりに "No worries." と返すことができます。

お礼に対する返事

「ありがとう。」とお礼を言われた場合の返事で "No problem." と同じように使うことができます。日本語で言う「大丈夫だよ。」や「全然いいよ。」のような表現ですね。

A: You did the dishes? Thanks a lot!
(皿洗いしてくれたの? 本当にありがとう!)

B: No worries!
(全然いいよ!)

この場合の "No worries." も見知らぬ人に対して使っても問題ありません。誰かの落し物を拾ってあげたり、エレベーターのドアが閉まるのを待ってあげたり、あなたのちょっとした親切に対してお礼を言われた場合には、"No worries." を使ってみましょう。


いかがでしたか? "No worries." は使えるシチュエーションが多い便利な英語表現です。機会があればぜひ使ってみてくださいね。

関連記事

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!