「予約」を意味する3つの英語表現:ニュアンスの違いとその使い分け

日本語では、ホテルの部屋を取ることも、レストランの席を取ることも、歯医者の診察時間をとり決めておくことも、すべて「予約」ですが、英語では「予約」をあらわす単語・表現が複数あります。

今回はこの「予約」をあらわす英語表現3つ、 “reservation”、 “booking”、 “appointment” のニュアンスの違いと、その使い方をご紹介します。
日常生活の中で予約をする場面は案外多いもの。それぞれのシチュエーションに応じて適切な英語表現が使えるようにしましょう。

reservation

ホテル、レストラン、コンサート、乗り物などの、部屋・席・予約に使われる英語表現

  • reservation – 予約[名詞]
  • make a reservation – 予約する
  • reserve – 〜を予約する[動詞]

それでは例文を見てみましょう。

I’d like to make a reservation.
予約をしたいのですが。

予約をしたいことを伝える基本表現。
“I’d like to 〜 ” は “I would like to 〜 ” の省略形です。

I’d like to make a reservation for 4 (people) tomorrow night.
明日4名で予約をしたいのですが。

レストランの予約で使われる表現です。
人数を伝える場合は、 “for + 人数” もしくは “for + 人数 people” を使います。

I’d like to make a reservation for 2 nights from 28 June.
6月28日から2泊の予約をしたいのですが。

ホテルの予約をする場合、いつから何泊したいのかを伝えるとスムーズに予約ができるでしょう。
日本語では「1泊2日」や「2泊3日」という表現を使いますが、英語では、”for + 宿泊日数 + night(s)” で「何泊」という表現を使います。

I’d like to reserve a room for tonight.
今夜部屋を1つ予約したいのですが。

“reserve[動詞]” を使う場合は、”reserve + 目的語” になります。ホテルの部屋を予約する場合は、”reserve a hotel” ではなく、”reserve a room” を使うのが一般的です。

booking

“booking” は”reservation” と同じような使い方ができる英語表現です。

  • booking – 予約[名詞]
  • make a booking – 予約する
  • book – 〜を予約する[動詞]

I’d like to make a booking.
予約をしたいのですが。

この表現は “I’d like to make a reservation.” と意味も使い方も同じです。

I’d like to book a table for 4 (people) next Friday night.
来週の金曜日の夜に席を4つ予約したいのですが。

日本語でレストランで予約するとき、「レストランを予約する」と言いますが、英語では “book a resutaurant” ではなく、”book a table” という表現を使います。

I booked a flight from Tokyo to London on 12 July.
7月12日の東京からロンドンへの飛行機を予約しました。

“booke a flight” で「飛行機を予約する」の意味。

I’d like to book a double room for 3 nights from next Tuesday.
来週の火曜日からダブルルームを3泊予約したいのですが。

“book a room” で「部屋を予約する」という意味ですが、”room” を “single room / double room / twin room” に言い換えることによって、シングルルーム、ダブルルーム、ツインルームなどの特定の部屋の予約をする表現になります。

The restaurant is fully booked tonight.
レストランは今夜満席です。

“be動詞 + booked” で「予約されている」の意味です。”the restaurant” を “the hotel” に変えて “The hotel is fully booked tonight.” とすれば「ホテルは満室です。」という表現になります。

appointment

“appointment” は、病院、歯医者、美容院、ネイルサロン、弁護士やクライアントなど、打ち合わせ、診察、人と会う約束に使われる英語表現です。 病院の予約は「病院の医師とのアポ」、美容院の予約は「美容師とのアポ」など、日本語の「アポ」をイメージするとわかりやすいかと思います。

  • appointment – (診察などの)約束、予約、アポイントメント[名詞]
  • make an appointment – 予約する

I’d like to make an appoitment.
予約をしたいのですが。

病院や歯医者などは、家族の診察予約をすることもあるはず。そんな時は、”I’d like to make an appointment for my son.” <のように、"for + 人" で表します。

I have an appointment with Dr. Steve at 3PM.
午後3時にスティーブ先生の診察があります。

特定の人との会う約束の場合は “with + 人” を使います。

I’d like to schedule an appoitment for 8 September.
9月8日の予約をしたいのですが。

“schedule an appointment” も “make an appointment” と同じように使うことができます。 “arrange an appointment” も同様です。

Can I change my appointment to Monday morning?
予約を月曜日の午前中に変更してくれませんか?

予約の日時を変更する場合は、”to + いつ” で表せます。
予約をキャンセルする場合は、”cancel my appoitment” と表現します。
“change my appointment” は “reschedule my appointment” や “rearrange my appointment” に言い換えることもできます。


英語の「予約」は、大まかには『部屋や席などの場所の予約』と『人と会う約束・予約』の2通りです。

どちらの予約なのかさえ間違えなければ、言い回しは予約をするときも変更するときもある程度パターンが決まっているため、そこまで難しいものではありません。

予約に関する英語表現は電話ごしで使うことも多いため、苦手に感じる方もいるかと思いますが、例えば予約をしたいのならば “I’d like to make a reservation / an appoitment.” のようなシンプルな表現だけでも十分伝わります。日時などの詳細は聞かれるままに答えればいいのです。
機会があればあまり難しく考えずにトライしてみましょう。

「エイゴラボ」をフォローして
更新情報をチェックしよう!