"revenge" と "avenge" のニュアンスの違い :「復讐する」の英語表現

"avenge" と "revenge" はどちらも「復讐する」という意味ですが、実はこれら2つの単語はニュアンスの違いで使い分けられています。

まずは "avenge" の意味と使い方から見ていきましょう。

avenge 正義のための復讐(制裁)

"avenge" は不正や悪事を行う対象に対して、正義の名の下に制裁を下す、仇を討つというニュアンスです。

映画化もされたアメリカの人気コミック『Avengers(アベンジャーズ)』も、直訳すると「復讐(制裁)者達」ですが、正義のために悪に立ち向かい制裁を下す者達という意味合いになります。

They swore to avenge their mother's death.
(彼らは母の死の仇を討つと誓った。)

swear-swore-sworn誓う

He avenged his father.
(彼は父の仇を討った。)

The president vowed to avenge the victims of the terrorist attacks.
(大統領はテロ攻撃の犠牲者のために戦うと明言した。)

vow固く誓う、公約する、明言する

revenge 個人的な恨みの復讐

"revenge" は、相手にされたことに対する個人的な恨みや雪辱をはらすというニュアンスです。

例えば、振られた腹いせに行う "revenge porn(リベンジポルノ)" は、まさに個人的な恨みのための復讐です。よって、"avenge porn" と言うことはできませんね。

I'll take revenge on my ex for cheating on me for 5 years.
(5年も浮気してたこと、元彼に復讐してやる。)

take revenge (on someone)(for something)(誰かに何かを)復讐する

I think the motive for the serial arson is revenge.
(連続放火の動機は復讐だと思う。)

arson放火

Andy got revenge on the man who killed his daughter.
(アンディーは彼の娘を殺した男に復習を果たした。)


いかがでしたか? "avenge" と "revenge" は普段気軽に使う表現ではありませんが、映画やドラマではちょくちょく耳にする表現なので、ぜひ覚えておいてくださいね。

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!

関連記事