「気温」「体温」「温度」の英語での読み方・書き方

2134-thumb

今回は、天気予報の「気温」、身体の「体温」、お湯の「水温」など目にする機会が多い「℃」の英語の読み方、「〇度」の数え方、もう1つの温度の単位である「°F」についてご紹介します。

「気温」「体温」「水温」を英語で言うと?

温度を表す場合にはどれも "temperature" を用います。大気の温度は "temperature"、身体の体温は "body temperature"、水温計で測る水温は "water temperature" と言います。暖かいお湯でも「水温」には "water temperature" 使うことに注意しましょう。

  • 気温 - temperature
  • 体温 - body temperature
  • 水温 - water temperature

「℃」と「℉」とは?

気温の単位には「摂氏」と「華氏」があります。

  • 摂氏 - Celsius (℃)
  • 華氏 - Fahrenheit (℉)

「℃」や「℉」は「摂氏」「華氏」を表す単語の頭文字からきています。日本では「摂氏(Celsius)」が採用されていますが、アメリカをはじめとする一部の国では「華氏(Fahrenheit)」が採用されています。

ちなみに、摂氏から華氏への変換の計算は

℉ = ( 温度℃ x 1.8 ) + 32

華氏から摂氏への変換の計算は

℃ = ( 温度℉ - 32 ) ÷ 1.8

温度の尋ね方

What's the temperature?
(気温は何度ですか?)

文末に "in Tokyo" や "outside" などの特定の場所加えると「〇〇の気温は何度ですか?」という意味になります。

What's your temperature?
(体温はいくつですか?)

人に体温を尋ねる時の定番フレーズです。体温は "body temperature" ですが、人に体温を聞くときは "所有格 + temperature" がよく使われます。

温度の答え方

答え方の基本形

It's 28℃.
twenty eight degrees (Celsius)
(28度です。)

表記は "℃" ですが "degrees Celsius" と読みます。日常会話では "Celsius" は省略して "degrees" とだけ読まれることが多いです。

小数点ありの場合

It’s 7.3℃.
seven point three degrees (Celsius)
(7.3度です。)

小数点は "point" と読みます。

マイナス温度の場合

It's -6℃.
minus six degrees (Celsius)
six degrees below zero (Celsius)
(マイナス6度です。)

"below zero" は「0以下」という意味です。

0度と1度の場合

It's 0℃.
zero degrees (Celsius)
(0度です。)

It's 1℃.
one degree (Celsius)
(1度です。)

It's -1℃.
minus one degree (Celsius)
one degree below zero (Celsius)
(1度です。)

「0度」の場合、単数形の "degree" ではなく複数形の "degrees" となることに注意が必要です。「1度」と「-1度」は単数形の "degree" を使います。

最低気温と最高気温を英語で言うと?

  • 最低気温
    the lowest temperature
    the minimum temperature
  • 最高気温
    the highest temperature
    the maximum temperature

"minimum / maximum" は少し硬い表現なので日常会話では "lowest/ highest" の方がよく使われます。ただし天気予報では最高気温を "high" と、最低気温は "low" と表記されることも多いです。

関連記事

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!