「花粉症」を英語で言うと?花粉症の言い方と症状と伝える英語表現

花粉症は日本特有のものかと思いきや、実は海外でも地域特有の花粉による花粉症があります。そして、日本ほどではありませんが花粉症は海外でもメジャーなアレルギーの1つです。 そこで今回は「花粉症」の英語での言い方と花粉症の症状を伝える英語表現をご紹介します。

「花粉症です」は英語でなんて言う?

I have hay fever. (私は花粉症です。)

「花粉症」は英語で "hay fever" と言います。 "hay" とは「干し草」のことです。元々は牧草の干し草が原因のアレルギーを "hay fever" と呼んだことがはじまりですが、現在は干し草のアレルギーのみではなく「花粉症」一般のことをを指します。

I have a pollen allergy. (私は花粉症です。)

"pollen" は「花粉」のことです。「花粉アレルギーを持っている」=「花粉症です」という意味になります。特定の花粉にアレルギーがあると言いたい場合には、"I have a ceder pollen allergy.(私はスギ花粉の花粉症です。)" のように表現することもできます。

I have an allergy to pollen. (私は花粉症です。)

こちらも "allergy" を使った「花粉症」を表す表現です。"allergy to 〇〇" で「〇〇のアレルギー」という意味になります。"allergy to cats(猫アレルギー)" や "allergy to eggs(卵アレルギー)" など様々なアレルギーに対して応用がきく表現です。

I’m allergic to pollen. (私は花粉症です。)

"allergy" の形容詞形の "allergic(アレルギーの)" を使った表現です。"be allergic to 〇〇" で「〇〇のアレルギーです」という意味になります。

I have allergies. (私はアレルギーがあります。)

日常会話では "hay fever" や "pollen allergy" よりも、 "allergies" のみの方がよく使われます。1種類の花粉のみの花粉症の場合は、"an allergy" ですが、2種類以上の花粉の花粉症の場合には複数形を使います。自分がどの花粉の花粉症なのかわからない場合は 複数形の "allergies" を使うのが無難でしょう。

花粉症の症状を伝える英語表現

I'm suffering from hay fever. (花粉症に苦しんでいます。)

花粉症の症状が辛くて悩まされているという意味です。ひどい花粉症の症状を表す時に使える表現です。

My hay fever is killing me! (花粉症が死ぬほどつらい!)

"〇〇 is/are killing me." は「〇〇が死ぬほどつらい / 痛い」という意味のカジュアルな表現です。"My head is killing me.(頭が死ぬほど痛い)" や "My fingers are killing me.(指が死ぬほど痛い。)" など応用がきく表現です。日常会話ではよく耳にする表現なので覚えておくといいですね。

I have itchy eyes. (目がかゆいです。)

"itchy" は「かゆい」を意味する形容詞です。

I have red eyes. (目が充血しています。)

ちなみに「結膜炎」は "pink eye" と言います。

I have a runny nose. (鼻水がでます。)

"runny" は「液体が流れ出す」を意味する形容詞です。

I have a stuffy nose. (鼻がつまっています。)

"stuffy" は "stuff(詰め込む)" の名詞形です。

I can't stop sneezing. (くしゃみが止まりません。)

"sneeze" は「くしゃみをする」を意味する動詞です。

詳しい病気の症状については以下の記事を参考にどうぞ。

関連記事

「EigoLab」をフォローして
記事の更新をチェックしよう!